これがずっと見たかった!クロアチア・ドゥブロヴニクの絶景

この記事は約5分で読めます。

こんにちは、もっち~です!

14日目、いよいよ今回のヨーロッパ周遊で最も楽しみにしていたクロアチアです!

アドリア海に面したドゥブロヴニク(Dubrovnik)へ向かいます。

オランダからクロアチアへひとっ飛び

今日のスタートはアムステルダム・スキポール空港(Schiphol Airport)

ここからドゥブロヴニクへ飛行機で飛んでいきます。

今回利用するのは「easyjet」という、ヨーロッパでは結構メジャーな格安航空会社(LCC)です。

割と間際に予約したのですが、それでもアムステルダム―ドゥブロヴニク間は99ユーロ=約12,000円でした。

2時間半ほどのフライトでドゥブロヴニクに到着!

空港から市内中心地(旧市街)まではシャトルバスが運行しています

空港内でチケット(55クロアチア・クーナ=約900円)を購入して乗車します。

写真は撮れなかったのですが、「進行方向左側の座席」が絶景でオススメです!

40分ほどの乗車で旧市街の入口に到着!

ちなみに、バスは「バスターミナル行き」で旧市街は終点ではないのでご注意ください

天気は快晴で嬉しいのですが、日差しが痛いほど強いです。

気候はカラッとしていますが、気温以上に暑く感じます

旧市街の中を歩き進むと、メインストリートに出てきました。

とりあえず、ホテルにチェックインして荷物を置きます。

絶景のスルジ山へ

荷物を置いて身軽になって、まず向かうのは「スルジ山(Srd Mountain)」です。

山の上からの絶景はパンフレットなどに必ず出てくるので一度は見たことあると思います。

山の上まではケーブルカーに乗っていきます。

☆いろんなブログやサイトに行き方がたくさん書いてあるので、詳しくはそれらを見るのをオススメします。
・CROTABI(クロたび)Amazing TRIP
※営業時間・料金などは変更になっている場合もあります


木曜日の夕方だったので、乗り場の列はほとんどなくスムーズに乗る事ができました

混雑時はチケットに並ぶ列と、ケーブルカーに乗る列がそれぞれすごいことになるんだろうと思います。

乗り場でもチケットは買えますが、事前にオンライン予約か乗り場近くの公式販売店(Official Seller)で購入した方が並ぶ時間が少なくて済むと思います

片道90クロアチア・クーナ=約1,500円、往復170クロアチア・クーナ=約2,700円です。

ケーブルカーは1台20人くらいが乗れる大きさで、乗客が集まり次第出発というスケジュールで運行しているみたいです。

2台のケーブルカーが上下に忙しなくピストン輸送を繰り返していました。

5分ほどの乗車であっという間に頂上に到着!

降りたすぐそばに展望台が広がっていて、絶景を楽しむことができます。

これが見たかったんだよな~~!!

ただ、どうしても目の前を走るケーブルカーが景色に重なってしまうのが残念なので、もし気になる方は少し場所を移動すると避けられます

しかし、岩場がゴツゴツした柵も何もない不安定な場所なので、行く際には自己責任でお願いします。

若い方を中心にたくさんの人がいましたが、落ちたら確実に死にます(苦笑)

ケーブルカーの山頂駅を背にして左側に進むと「帝国要塞(Fort Imperial)」があります。

現在はクロアチアの独立戦争(1991~1995年)の博物館として使われています。

入場料は30クロアチア・クーナ=約500円です。

この建物の裏側に(ちょっと分かりづらいですが)、麓に通じる登山道があります。

下りはケーブルカーではなく、歩いて下山することにしました。

傾斜は緩やかで景色を楽しみながら歩くことができますが、舗装されていない砂利道なので歩きづらいです。

外国の観光客とかはビーチサンダルとかで歩いていましたが、ちゃんとスニーカーで歩くことをオススメします。

この登山道からの景色もまた絶景でした。

人も少なく自分のペースで写真を撮ったり歩いたりできてよかったですよ!

約1時間で下山することができました。

登山道は街灯も何もなく、日が沈んでからは真っ暗で危険なので、なるべく日没前に歩く方がいいです

ひとり旅には優しくない?夜のドゥブロヴニク

夜のメインストリートは大変賑わっていました。

そろそろお腹も減ってきたので、夕食のお店探しに街を散策してみました。

しかし、これがなかなか大変だったのです……

飲食店は簡単に選べないほどたくさんあるのですが、世界的な観光地ということもあり、どこも値段が高めの設定です。

そして、観光客のほとんどがカップルや家族連れなので、ポーションも2人前とかそれ以上あるメニューが多いです。

限られた予算の中、カップルに囲まれてひとり寂しく食事する勇気はなく(笑)、スーパーで簡単に用意して済ませようとするも、スーパーも品揃えがよくない……

かれこれ30分以上さまよい続けた結果、「Mama’s Pot」というお店の看板に“20% off ~To take away~”という文字を見つけました。

値段も他のお店よりは良心的だったので、ホテルに持ち帰って部屋で食べることにしました。

「ストン産のカキ(Oysters from Ston)」

「ストンSton」というクロアチアの港町で採れるカキは小ぶりですが、クロアチアを代表するグルメです。

「ムール貝の白ワイン蒸し(Mussels Buzara)」

ここのお店のは単に白ワインで蒸しただけでなく、ニンニクとトマトで味付けをしていて、30個くらい入っていましたがペロッと飽きることなく食べちゃいました

何とか満足できる食事にありつけることができましたが、ひとり旅には優しくないなと感じる一面でした。

タイトルとURLをコピーしました